【聴】LANTANA /『PARADIGM OUT』

Pocket

一昨日LANTANAの新譜をフラゲしてきました

頑張れ俺たちのリトハ!

私会員登録とかするのが大嫌いなんですよね それに

通販て日中自宅に奥さんがいないと結構不便なんすよ

歌舞伎町で働いてたくせにアレですけど新宿という街がどうも肌に合わないもんでこれから困ったな

なんとかがんばって全国流通してくれ・・・

f:id:SOLITUDE:20190627105448j:plain

※ ↑ リトハの通販サイトに飛べます

 【収録内容】

1.Falling Down

2.Drop Dead

3.Lat’s Mak A Night

4.紫苑

5.WING

何か書きたくて書きたくて

そして書きたくなるほどの絶賛ではないんですが

一曲目のFalling Downがとても好みでした

2:22秒しかない短い曲でサビが一回しかないんだけどそのサビが良いです

ベタな始まり方も作者の狙い通りの感じ方をしていると思われます(私が)

確実に箱の床を揺らすであろうマキシマムザホルモンのようなBメロも良いですが

サビのドラムすごい 大変そうだ

KAMIJOさんの曲を長距離ランナーみたいな顔で叩くYUKIさんぐらい大変そうだ

2.Drop Dead

LANTANAのこうゆう曲でAメロがクリーンというパターンが意外でした

サビでは爽やかでキャッチ―なメロディーに乗せながら「人の不幸は甘い蜜の味」

きっと拳が上がるんでしょうね 人の不幸は甘い蜜の味

2番はさっきと構成が少し違うようですがミックスボイスとハモるベースに一時主役が渡される感じもなかなか新鮮

3.Let’s Make A Night

これは以前観たライブの時「仮タイトルenjoy」だった曲だと思うのですが

サビがタオルモッシュするしかない創りになっています

このサビのドラムも長いこと叩いてたらいつか狂いそうなリズムで

でも結構長くて しかも何回もある

ほんと地味だけどここのドラムの人結構大変だと思う(笑)

実際にライブでタオルをぶんぶん回しているお客さんを見るととっても楽しそうではあるんですが人数が足りない

これ大勢で本気出してやったら嫌なこと忘れられるめっちゃ楽しいやつなんですけどね

4.紫苑

ドラマのエンディングテーマ曲かもしれないくらい普通の人が聴いてもいい曲

こうゆう曲って歌唱力と声質がダメだと聴いてらんないじゃん

さすが朋さんて感じです

好きなタイプの曲ではありませんが丁寧に紡ぐ甘いボーカルと思いのほか優しい音を出すベースのハモりが人の心を突こうと思えば突ける曲  うーん

5.WING

良い曲が始まりそうなギターイントロ

Bメロのギターの刻み方とか古臭くていいですよねぇ好きです

ベタなサビとベタな歌詞・・ベタすぎる歌詞・・・狙いでしょうか

この最高音部分多分一瞬裏声使ってると思いますけどその切替なんかも上手いなぁと

曲かっこいいしライブでどうなるかの想像もつくしボーカルはやっぱり上手いよ

クリーンの声質もクセが強すぎず かといって個性がないわけでもなく

生となると一番盛り上がる高音部分が出ないボーカルが多い中この人ライブでも出るんだよ

作り手の方のツイートで そこにある職人の拘りを垣間見てしまったので

大変書きずらいんですが

過去曲にBORN感を覚えたために気になったバンドなので

RAZORを引き合いに出しますね

猟牙ボーカルのバンドがRAZORになって

あれだけ大きくなった理由のひとつとして

剣さんの存在感

あとは音のクオリティーだと思ったんですよね

正確に言うとメンバーがそれを求めていて

RAZORになって求めていたものが形になったという

本人たちの純粋な納得度  これで売れたと思う

(私が勝手にそう思っただけだから真実は知りませんw)

でもだから始動間もなく売れちゃう方が軌道に乗りやすいんですよね

RAZORになって歌唱力が上がったから彼が音のクオリティーを求めてたのかなと思った 特にドラム

RAZORの曲はすごく好きなものと記憶に残らないものとがあって

超スーパー主観ですけど曲で売れてるわけではないと思っています

でRAZORになって最初に出たアルバムの

1曲目を聴いたら音が良くてびっくりしたんですよ

なにがどうしてそう思うのか私にはよくわからんけど厚くなった 豪華になった

多分V系界隈を聴く人々の耳がこの音圧に慣れてるんですよね

もう解散してしまってるバンドですが

LIMとか 曲かっこよかったし歌も下手じゃないのに

音源聴くとエラく物足りなさを感じる

これがBORNとかLANTANAを聴いた時に感じる不足感と同じだと思ったんだけど

それはやっぱり普段耳慣れた何かがないがために

せっかく高度なことをしていても シンプルis素人にはチープに聴こえるんじゃなかろうかと

音作りについては無知なんでよくわかりませんで喋りますけど

マルコも打ち込みを使っていないイメージなんですが

マルコの方が豪華に聴こえるのはギターが2本だからなのかなぁなんだろう

憶測に憶測を重ねて喋ると 同期音圧云々は実はどうでも良くて←

本当は出来上がったものの もっと上に求めているクオリティーがあるんじゃないかなと

制作上なのかパフォーマンスなのかわからないけど

どっかで何かを妥協してるのではないかというこれはレビューで書くことじゃないですねぇ・・

いつか裏に勝手な心理見解をまとめます

あとライブが平日すぎて全然行けませんで(笑)

インストなんて行くんなら職場のホワイトボードに「お昼~インスト」って書いて出る

そして戻るみたいな感じですよ

なので次いつ見れるのか全然わかりませんが

曲は良いのにあともう一つ いま一歩 な部分がまだ手放せていない感じはしますので

是非ライブパフォーマンスでそこを打破して頂きたいところですね・・・!

See you next review.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。