キズONEMAN TOUR 「消滅」@ 大阪 梅田CLUB QUATTRO

Pocket

人生で今が一番会社休んでる

今年3回目?の大阪です

12/13(FRI)

初めて来ました

東京のクアトロといえば柱問題に頭を痛める箱というイメージが強いですが

梅田のクアトロとても良いですね

柵付きの段があって段上に行くと見やす〜い

ですがジャンプの度に床が激しく揺れて酔いそうでしたw

関東に比べて動員は少し少なく感じましたが今日かなり盛り上がってましたよね

熱いライブだったと思います

最近のバンドさんはオンタイムのところが多い気がしてるんですが

今日は15分くらい押してました

2時間待って30分で終わるバンドを見てきたんで問題ないです(笑)

今日もBGMはSlipknotでしょうか 暗転すると下手側袖からreikiさんが現れました

このツアー中に妙に貫禄がついたように思えて

Zeppの時とだいぶ印象が違います

続いてユエさんきょのちゃん来夢さん  パラパラとステージへ

楽器隊はいつもと同じですが来夢さんは白い返り血シャツに黒ジャケットを羽織っていました

お客さん男性多いですね本当 今日4分の1くらい男の人だったんではないか

そうなってくると私の身長でも死角ができるわけでして

今日は定位置〜煽りに出るユエさんが見えませんでしたが今日も全世界で一番イケメンでした

個人的事情ですが眼鏡の度が合わなくなってきてまして

見間違いがあるかも

見間違いかなぁ 来夢さんの髪が腰まであるような気がする

そして一曲目からエレキギター持ってますが

 一曲目はELISEでした 突然のツインギター

先日RAZORの赤坂公演に感動したせいもあって一時的にフィルターが剥がされた状態で見ましたので

初見の時のような見方になっているかと思いますがステージ側の気合いがツアー前半と全く違いました

これはどうやって文字にすれば良いでしょうか 私の目には明らかに違って見えた

特に来夢さんの振り切れ具合が異常

少々久しぶりに感じる白塗りと口裂け女のようなメイクに

気が触れた目つきで大口開ける姿にこちらも開いた口が塞がらなくなるような

この感じ いつぶりか

十五

いつものように生声の怒声とお立ち台を踏み付ける音を会場に響かせるreikiさんですが

今日は全力で煽るreikiさんを来夢さんが越えている

reikiさんに意識を集中できないくらい来夢さんから出てる気迫が圧倒的

ステロイドの曲終わりには来夢さんがエレキギターを頭上に持ち上げ

ヘッドをこちらに向けて銃を構えるような仕草を見せていました

この後ジャケットを脱ぎ返り血シャツ姿になったので

襟足からエクステが伸びているのが幻覚ではないことを確認

新鮮 和製ホラー感w

そのままいつものアコースティックギターに持ち替えて 銃声

歌がうまい

通りすがりの見物人状態で見ても歌がうまい

左から見ても上から見下ろしても隙間から覗いても歌がうまい

早々5曲目に黒い雨

正面を向いたまま前振りになる曲を奏でてからの”あいしてる”

うぉー 何とも幅の広い声の出し方で「あ」たった一音の中の抑揚が実に豊か

黒い雨の表現はツアー前半とかなり変わってきているように思います

そしてどんどん変化してきてるので

初めて聴いた郡山の黒い雨と同じ曲とは思えないほど

ららららららら← ここもいつも違う

ん〜 唸ってしまうな

そしてサビに差し掛かるとお客さんが右手を掲げるようになったんでしょうか

そうゆう振りができたようですがこれは正直微妙です 笑

ここから平成のジャカジャカを来夢さんが弾いてる間に

reikiさんがレスポール(?)から見慣れないギターに持ち替えました

これもどこかで見たことがあるような気がしますけれど

今日はいつもの緑のPRSが登場しませんでしたね

”日は昇るだろう”と合いの手のように挟まるヘドバンパートでは

お客さんに合わせて一緒に大きく頭を振るreikiさん

ぶんぶんと跳ねる伸び気味のウルフカットが色気を増してカッコ良かった

少しの間を開けてヒューマンエラー これが死ぬ気すぎて凄かった

イントロ部分のドラムが入る前

きょのちゃんが立ち上がって音に乗せたパフォーマンスを少し魅せていましたが

こんなこといつもしてたかな すんごい良かったな

言葉にならないあらゆる思いを受け取った気がしました

来夢さんはギターを置いて命燃やす準備できてるかーと煽りながら

最初の間奏に入る前に消滅してもおかしくない異常な気迫でした

この曲からスイッチが入ったかのごとく命懸けのステージが始まったと思いました

私が初めて見たキズはこれだったのかもしれない

いや それとも違うな

今にも倒れんばかりの全身表現

むしろ全身だけでは足りず臓器や血液までも使って表現しているかのように見えて

最初に感じた恐怖を久しぶりに思い出しました

全身の皮膚が毛羽立つような感覚

おかげで息のできる死骸の王子様ソロを全然聴いてなかった(笑)

井戸から這い出る貞子のように右手を伸ばして高音 最初のコーラス

モッシュとヘドバンで荒れ狂うフロアを

人を殺した後かのような顔つきで見下ろす姿は明らかここ最近の来夢さんではありませんでした

前屈みになりながらお立ち台で左右の脚に体重移動をするreikiさんも

使える部位全てを使って曲を歌う その姿も最初の頃のような痛みを伴って見えて

今日の死骸カッコよすぎた

その勢いのまま傷痕 こんな傷痕を聴くのも久しぶりの体感です

曲や振りを知らなくてもただ立ち尽くしていられなくなるような傷痕

表現者の奥深くで燃えたぎる命 魂そのままの表現

嘘のない表現

この純粋な波動に乗ったシャウトを聞くと体内に僅かな痛みが走るのです

傷痕のアウトロで床に平伏す来夢さんを覆うように響く 生命を奏でる音

 この流れで0

後半の間奏部分では 床に這ってなのか座ってなのか

低い位置で蠢いているように見えましたが

パフォーマンスにしろ実際に崩れ落ちているにしろ

こちらの内臓を抉り出されるような感覚になります

ヒューマンエラーから本編ラスト おしまいの5曲

なんていうかこれが キズ

これだったらたとえ5曲しかやってくれなくても心が掴まれ沼に引き摺り込まれる

私が見たいのはこれだけど

ずっとこんなの続けたら死んでしまう(笑)

個人的にキズに求めている熱量と 生身の人間の限界に矛盾が生じていますw

~アンコール~

男ー!と呼びかけた時のあまりの声量に若干驚いた様子を見せ

男多くて嬉しいよ こうゆうライブがやりたかったんだよ俺はとこぼす来夢さん

来夢ー!という力強い麺コに思わず「はい」とw呼ばれたから普通にお返事されてて和みました

本編後半のどこか緊迫した雰囲気は薄れ EMIL

抱えるギターがエレキではなくアコースティックになると少し体を折り曲げてマイクに顔を近づける

そんな姿も様になっていてっていうか私今日来夢さんしか見てないな(笑)

この人はステージに立つと本当にかっこいいですね

前の煽りはreikiさんが楽しそーにお立ち台でギターを操り

きょのちゃんもちょいちょい立ち上がっては客席を自分のものにしていました

途中でコルセット外してたけど大丈夫なのかな

この曲だったか そのあとのアンコールだったか記憶が定かでないんですが

3人がセンターに集まるという

VersaillesのThe Revenant Choirみたいなシーンがありました(私にしかわからない)

その時来夢さんがユエさんの右肩に左手を掛け

身体に触れられたユエさんも「!」 w

来夢さんの顔を見つめ返しひたすら上がる口角

身体に触れつつ2人は見つめ合いエンダァァァアアアアアアアアアアアア

後半来夢さんマイク通して笑ってました(照)

〜アンコール②〜

呼べば出てくると思ってんだろ?

そりゃそうだよ!そうなのかよ

へのへのもへじ 屈伸部分でクールに佇むユエさんに

来夢さんが指を差し無言で”お前!ちゃんと!膝カックン!やれよ!”と

体育の先生注意を促す

たのしそう ステージ上が 母さん嬉しい

天誅 絡みパートでまた3人がセンターに集結(うる覚え)

こっちがVersaillesだったかなぁ?

Aメロ終わってからもreikiさんが長らくお立ち台に寝転がって何かを待っていましたが

来夢さんは目の前にreikiさんを寝かせたまま両手を広げ普通に歌っていました

痺れを切らして上半身を起こし来夢さんの顔を見るためにこちらに背を向けるreikiさん

エンダァ・・

メンバー間の愛に私たちが負けるわ

最初のアンコールで捌けてく時

きょのちゃんが耳に手当てて声もらってたんですけど

いっぱい呼ばれてから頭上に手を回しておっきく「」作ってたの

可愛すぎたのでマスコットにして持って帰りたくなりました

【Setlist】

ELISE

蛙-kawazu-

十五

ステロイド

銃声

黒い雨

平成

ヒューマンエラー

息のできる死骸

傷痕

おしまい

~en~

EMIL

~en②~

へのへのもへじ

天誅

諸事情でキズを見るテンションとしては過去一低い状態での遠征でした(笑)

でも絶対ライブ見たらその諸事情を超えてくるんですよ

そう思って行きましたけど

今日の公演は私が見た消滅ツアーの中でも記憶に残る夜になりました

Zeppの時ともまたエネルギーが違うんですが

初めてキズを見たときに似た衝撃がありました

私メンバー個人のアカウントを見なければいいかなって(笑)

職業病かもですがSNSって裏側まで見抜けたりもするツールだから

あんまり知らないくらいがちょうどいいのかもしれません

このまま連泊して明日は別のイベントに行ってきます

そして15日はキズの名古屋公演を見て帰ります

See you next gig.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。