GARAK’S In ReVellion~リバーサイドの悪夢~東京編@新宿RUIDO K4

Pocket

8/12(SUN)

GARAK’Sという人達を全く知らなかったんですが

こちらも関西バンドさんなんでしょうか

最近のバンドはみんなすごいなぁと思いましたよ本当

先攻Rides In ReVellionは一曲目の途中から聴けましたのでそこからのレポです

————–

Rides In ReVellion

rides-in-revellion.com


自分がこのバンドを推すと決めた瞬間から なのかわかりませんが

次にそのバンドを見た時に感じる親戚のおっさんとか甥っ子みたいな感覚わかります?

そうそう この4人よ っていうこれなんて表現すればいいんでしょうか

既にRIRは私の中でそんな存在 母ちゃん来たよ!笑

 

NEVER VANISHING BULLET HOLE

バンドとしてのサウンドはわかりやすく統一されているのに

全部同じ曲に聴こえないのはどうしてなんでしょうね

いつも同じメロディーラインに感動してる気がするんですけど

ちゃんとそれぞれどの曲なのかわかるのが素人からするとすごい 不思議

ANOXIAが配布されてからそんなに聴いてないんですが

意外と歌詞まで覚えているし

一度聴いたらしっかりバンギャのハートに染み込むのに飽きない創り方

 

もっとパンパンになるかと思っていたんだけれど盆休み中のせいか

段下の後方に少し余裕があって黎ちゃんがその隙間が気になるから前おいでって言ってた

黎「GARAK’Sとは REX(?聞き取れなかったすまない)で初めて会ったんだけど
その時に”好きーーー♡”って言われて

”嬉しーーーー♡”って思って 相思相愛なわけで

いつかツーマンやりたいねって言ってたんだけど

幾ばくかの幾世を経て実現したわけですが」

”幾ばくか”

だったか 曖昧な記憶で正確な表現が思い出せないんですが

年寄り通り越して武士のような言葉使ってた

声の質のせいなんではないかと思いますが確かに若手とは思えない貫禄が見え隠れして

閣下のようだなと思うことがあります 笑 一人称「吾輩」が似合う声

 

関西ワンマンの配布曲衝動DIRTY 初めて聴きましたがこれは確かに王道ではなく

ラップでもなくw 私が思ってた”邪道”ではなかった

オマージュというほどは近くないんだけれど

黎ちゃんはメガホンで歌っているし 手拍子のリズムも

TaJIさんのギターの音も hideちゃんのBeauty & Stupidみたいで

懐かしくて涙出そうでした

こんな引き出しもあるのねRIR 素敵

黎「GARAK’Sのクロコダイルをカバーさせて頂きました 

     クロだけに ( ̄ー ̄) ・・」

お客さん「ふぅぅぅ〜♪」黎「いやそのふぅぅ意味わからんけど」

 

MIRAGEの煽りタイムでお立ち台に飛び乗ったTaJIさんは

ギターを弾くでもなく見たこともないダンスをしていましたが(笑)

いつもでしたっけ ?

 

あのワンマンの日からカレタソレイユのイントロで涙腺が緩むアンカーがされてしまって

対バンイベントでも感動してしまう(笑)本当に良い曲ですね(ウルウル)

ラストはEternal  片手上げてジャンプしていた会場が

アウトロで両手ジャンプに変わる瞬間あそこめっちゃいいよね

ジャンプする足元じゃなかったんで腕だけで振りをしてたんですが

その最後の両手ジャンプを腕だけでやったらナハナハみたいになりました

(伝わるんでしょうか・・・)

—————

GARAK’S

前知識なしで観たんですがすごいですよね本当最近のバンドさん

この規模になると歌だけはどこもうまいなと思っているけど

ここはものすごい優等生な印象でした

そして金髪のアン様のようなベースもすごい 良い低音よく聴こえました

曲はRIRほどキャッチーではないですがそれなりに覚えられるのと

ボーカルの人が歌の最中に滑舌よく”高速折りたたみ”とか”ヘドバン”とか

入れ込んでくるんだけど曲が全然崩れてない

まだ2回目だという新曲がそのスタイルで披露されましたが誘導が上手い

文武両道でモテる学級委員みたいだ

弦楽器隊全員が前に出るフォーメーションも各曲ピッタリ息が合っているし

気付いたら上半身裸だったドラムの人も(笑)表情で演じながら叩いていて

エリート感半端ない

みんなの意見を平等に取り入れて不満が出ないような学級会してそう(笑)

 

それでGARAK’SはRide In ReVellionのカレタソレイユをカバーしていましたが

前日にこんな動画が公開されて

これより全然クオリティーが高かった

歌詞飛んでたけどwなんて偏差値高いカレタソレイユ

先生教えた通りのカレタソレイユ

後半でエラく盛り上がってたのはひばりモンスターという曲じゃないかと思うんですが

あんなに高くて透明感ある声が ホイッスルシャウトというのかな

あんな声も出せるとはとても思えないんですけどその声までとても正統派💮

ギター隊が2人とも曲中にちょいちょいチューニング弄ってた気がするんですがこのお2人兄弟なんだって?

同じバンド内に兄弟がいるなんて旧宇宙戦隊感(笑)

最後の曲コウフクロンが終わってもステージから捌けず

Rides In ReVellionメンバーを呼んでセンションに突入

ここでもう一度披露されたのもひばりモンスターだと思う

RIR楽器隊は手ぶらでしたがダブルボーカルで

先ほどのシャウト部分を二人で掛け合いしてたけど

黎ちゃんのシャウトの方が少し高いのね

GARAK’S nagiさんにベースを掛けられ渚さんが弾いてるワンシーンも

曲終わりにドラムをバーンと叩いて締めたらドラムの人とスネアがすっ飛んでたw

 

あの後合同アウトストアイベントがあったようですね

昨日はライブだけで帰りましたが

Rides In ReVellionはインストなんかも面白そうなんでいつか参加してみたいと思ってます

 

そして明日はKAMIJOさんのREXに参戦予定

まるでグアムのような外と室内の気温差で体がおかしくなってますがw

体調良ければ行ってきます

Web拍手どうかなー・・・やっぱりバグってる気がするけど

昨日入れてくれた方ありがとう♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。