MIND-V PRESENTS『V霊-ブイダマ- Vol.05 』@ 新宿BLAZE

Pocket

9/15(SUN)

まだムカついてない・・ 向かってます・・

とんでもない予測変換のでせいで本当にBLAZEムカつく出来事が起きてしまいました

まさか予言だったとは

120年程度は根に持つタイプなので最後に書かせて頂きます

レポをお読みの際はお気をつけください

********************************

DIAURA/キズ

OPENING ACT: gulu gulu

毎回毎回ソールドで本当に体力削がれます

このために体鍛えないと まじで しらんけど

マスターとキズという素晴らしい対バンだというのにgulu guluも出るということで

これは雨が降ろうが槍が降ろうが行かなくてはなりません

ピンポイントで昨日だけクソ暑かったな

gulu gulu

www.gulugulu-official.com

バックドロップは全バンド「V-霊-」のもので統一でした

gulu guluはSEがサイレンなんですね

cali≠gariのサイレンが始まるのかと思いました

幕が開いたら哀さんがお立ち台に脚を掛けてスタンバッていましたが

幕がまた閉まってったw途中まで閉まってまたすぐ開きましたけれど

ご本人のツイートによると開いてはいかんところで開いてしまったのでしょうか

そんな哀さんは和尚のような衣装で何か被っていて顔が見えない

変なメリーゴーランドでイベントスタートです

被り物を「あっち」とか言って剥いでみたら顔真っ白

以前AREAで見た時にも思ったんですけれど書かなかったんですけれども

私の印象では哀さん 若い頃の団長感が漂っています 笑

哀:今日は 前座ということで 短い時間ですが

  どうせDIAURAもキズも俺らに触れてくれないんだろうな・・

   世間から迫害されたバンドgulu guluです

我々1月に渋谷O-WESTで 営利目的ライブっていう

皆さんの財布からがっぽがっぽ金取ってやる ライブがありますんで

・・あウケなかった ・・ 

・・

是非今日集まった アンダーグラウンドな皆さんはね

今日も物販でチケット売ってますので

告知を終えると割とドスのきいたガラガラ声で

男ー!  女ー! ホモー! ・・・?  男ー!

女ー! レズビアンーーー! ・・

・・・

誰よりも…今日は俺がここのマスターだ…

・・

「あウケなかった(予想外)」 がウケてました

2曲目は音源になっていない曲でしょうか

轟音とニードルという曲だそうですがOAにしとくのは勿体無いほど客席が盛り上がっていました

歌モノとして考えると今のところ突出した曲は出ていないように思いますが

中毒性の観点で見たらこの界隈では結構目立つ位置にいると思います

どの曲も独特のリズムで攻めてきますよね

昨日やっていませんが嗅覚障害という曲なんかは呪文のように左脳に侵入してくるので

一度聞いたら辞められないヤクのような曲です

ここの横モッシュもソイヤソイヤソイヤソイヤ・・という我々世代でいうところの一世風靡セピア節で誘導してくるんですが

それがあのヴィジュアルと声質によくハマっていてついつい乗せられます

音源よりライブの楽しさで集客できるタイプですね

嗅覚障害に呪われて音源持ってるのに他の曲を全然聴いてなかったんですが

不味い麻酔って真夏の夜の夢(松任谷由実)みたいにネットリした曲ですね

後半でkazariさんが座り弾きになっていくところとか

真っ白い顔して爬虫類のように動き回る哀さんの姿とか奇抜で奇妙でとても印象的

あとドラムかっこいい こないだも思ったんだドラムかっこいいよ

小柄で昆虫みたいな動きをする人ですが全身使ったプレイはなかなか魅力的です

不味い麻薬が終わると女の子の声で歌うカノン進行の歌が流れてきて螢ちゃんだけが残りほんの数十秒プチドラムソロ

それが終わるとセンターに出てきて背中の黒い羽根を畳みお辞儀をして

袖に捌けて行きました

バンド結成時(不愉快な仲間時代)から注目集めていましたよね

哀さんの声が好きなのかといえば今のところクリーンを歌う部分は好みではないですし

歌が上手いのかといえばそこが際立って目立つというわけでもないのに

なんかクセになる タイプのバンド

インパクトだけで見たらキズDIAURA通り越してダントツなのでわ

私の話をしますと前盤時代のkazariさんがかっこよすぎたので追跡していた結果出逢ったgulu guluなんですが

BLAZEの広いステージでも充分様になり決して箱負けすることのないそのお姿を拝めて

俺の目に間違いはないとキレる刑事のような眼差しで一部始終を納めました

今後の活動が楽しみ

次の音源でインスト参加してみようかな

キズ

ki-zu.com

先日の世界線で初披露となった真っ白の新衣装

膝小僧を出していないreikiさんの大人びた様子に未だ慣れず

眼鏡を外したら驚異の美女だった女の子を見るような卑猥な目で見てしまいました

きょのちゃんは青鬼さんだったそうで

最近黒髪なので彼もまた大人っぽくなったなぁと

ユエ様髪をお切りになりましたでしょうか

後半若干汗に濡れウェット気味に顔の右側を隠す髪が実にセクシーでございました

で絶対来夢さんは包帯guluguluで出てくると思ったんですが

いつぶりかと思うほどナチュラル白塗り(とは?)

照明が反射して顔色まで確認できなかったんですが多分reikiさんのが白かったような

心音でもなく久しぶりのSEで登場から重くない(!)

キズの登場に重さがないだと・・!?

・・

ナチュラル白塗り来夢さんは出てくるやいなやアコースティックギターのストラップを体にくぐらせセンターに

ラブソングが一曲目のイベントは私初めてでしたが

この人たちもセトリにルールがなく毎度ストーリーが違いますよね

せっかくいつになく軽快に登場したのにラブソングを歌って結局また重暗い恨み辛みを並べる始末w

ジャッジャッ ビヨ〜〜nといちいち静寂に際立つ残響音

次は平成なのでしょうけれど

エフェクターを切ろうと足元をバンバンやってる姿に人間味を感じました

reikiさんと可愛く顔を見合わせることなく始まりましたので視線に余裕ができ

ドラムを見ることができたのですが

下を向き全力疾走するきょのちゃん本当かっこいい・・バスドラが入る瞬間の人格の変貌振りがたまりません

平成が終わると十五のスーパーreikiタイムに入るのですが

前回の記事から書いてますけど衣装と髪型も手伝って今までの印象から随分と変わってしまって

無邪気で我武者羅な球体関節人形から人の心を宿した男性になったと言えばいいのかな

確固とした自信みたいなものが彼の中で一本の筋を通しているように見えて

以前のような危なっかしさが薄れた気がする

最近ではライブ後半で豪雨に打たれたような濡れ髪になりセットが無意味になっていますが

その姿がとてつもなくカッコよくて目が離せない

会場じゅうを巻き込む盛り上がりを見せたELISEの後少しの間を空けて脈を打つ 

ここのところいつも聴くことができるこの曲は

イベントによって麺コを入れる箇所だったりその尺だったりが少しずつ違うので

毎度違う表情を見せてくれます

いつものように重くない 比較的前向きな0

昨日はそんな風に聴こえましたので横モッシュに巻き込まれてみましたところ壁からせり出している梁に手を強打しました

本当オーケストラみたいな楽曲だよね0

ストリングスの入れ込み方とかKAMIJO曲にあってもおかしくないくらい壮大

手をぶつけたので結局最終的に棒立ちで聴き入りました

傷痕 蛙を終えると再びアコギを取りに行ったので

これから何が始まるのかと一瞬静まり返った客席に来夢さんがマイクを通して

・・

どした?

この声が2億年の眠りから覚まさせるような良い声でしばらく内臓を木霊しました

もしもこれが耳元での出来事だったら三日三晩寝込みますよ

インストの時なんかだと必要以上に面白い話を追っかけるだけで精一杯なんで気がつきませんでしたが

この人喋る声とか笑い声とかも人の心を揺さぶる不思議なパワーがあります

とても大切な曲ができたんで

聞いてください

黒い雨が聴くたびに私達の奥の方に届いてしまうのは

彼らにとって本当に大切な曲だからなんだろうと思います

旋律や詞ではなくて

曲に込められたエネルギーが全てであると これほどまでにわかりやすい曲はないのではないか

音源にしてほしいというよりも

ライブでひたすら生演奏を聴きたい曲です

豚ども〜〜〜〜〜 豚ども〜〜〜

愚民ども〜〜〜〜

運命共同体で隊員で薔薇の末裔で仔羊でコドラで変人で豚です

こうして羅列すると別にいいんじゃないかという気もしますが

「あのブログの人豚だよね?」とか言われたら確かに特攻服着て木刀持ちそうです

天誅がない時はが濃密な接触を見られる貴重な時となりますので

目を見開いて凝視していましたら

この曲だったか 次の曲だったか定かでないですが

来夢さんの方へ体ごと向けるreikiさんの嬉しそうな表情が見られまして

2人の間にどーんとでっかい♡がぶち上がりました

ひ  っ   さしぶりのイントロが聴こえて会場中がどよめき

へのへのもへじ

Zeppで聴いた時はこの曲を知らなかったので穴が開くほどただステージを見つめていた

それ以来だったので全力で暴れておりヘドバンの隙間からふとステージに目を配せれば

ユエさんの耳元にほんの数cmの勢いで顔を近づけるreikiさんの姿 ちょっと

ちょっと 望遠鏡を持ってきてくれ

その接触部分で何が起きているの しらんけど 何が起きてるの

来夢さんが珍しく上手下手に移動して歌っている間

一瞬ユエさんがセンターにいましたが

お立ち台に長すぎて余っている御御足を掛けていたので

そのままお立ち台に立ったらどうしようと心臓発作を起こす準備をしましたが立ちませんでした(やはり)

ラストオーーーー!

ラストオーーーー!

ちょっと 

ちょっと 最後にこれ聞いとかないとモヤモヤする気がするから

gulu gulu のファンてなんていうの?

哀さん 触れたぞ 来夢さんが 触れたぞ

ない 

はぁ?

作れや!

そしておしまいでキズ終わり

最初から最後までどの曲聴いても楽しかった

キズを観て感想がただ楽しかったということは過去になかったかもしれないです

見るからにメンバーも楽しそうだったので

これがキズ第二ステージかと

死に物狂いの次は死ぬほど楽しむステージに行くのですね

【Setlist】

ラブソング

平成

十五

ELISE

0

傷痕

蛙-kawazu-

黒い雨

へのへのもへじ

おしまい

DIAURA

diaura.net

バグサミで久しぶりに観たら曲が全然わからなくなっていたので

配信されている音源を聴いてから参戦しましたが

一曲目からわからなくてすみませんw

そしてバグサミの時にも少し書いていますが

disってるように聞こえたら申し訳なく

DIAURAもワンマン行くくらい好きだったんですよ

私一人がこう感じているだけかもしれませんのであくまで一キズ動員の感想としてお読み頂ければと思います

文章化するの難しいな

演奏技術や歌唱力 客席の盛り上げ方やステージを構成する表面的な部分ではさすが完璧で満足のいくものではあるんですが

ライブを見ても文字にしたいと思うことがあまりなくてですね

教科書通りっていうのかな 以前から破天荒なことをする印象はないバンドなので

これで通常運転なのかもしれませんが

やっぱり全盛期に比べるとエネルギーが下がっている感じは否めなく

メンバーさんは皆同じ方向を見ているのだろうかとプロデューサーのような心配をしてしまいます 笑

シャングリラとかREMとか 乗りやすくていい曲だし

実際ライブも楽しいです

2回やらされたヘルグライドもw独特のリズムがDIAURA特有の宗教観を醸し出しているし嘘とワルツなんか語尾エア抜きの声の出し方とかいかにもDIAURA

相変わらず歌声も綺麗で

細かいところのビブラートなんてなかなか真似できないものだと思います

しかしここで胎動を聴いてしまうとこれぞDIAURAと確信を得てしまうというのは

過去曲の方が力を持っているということなんではないかと思うんですねって

これは私個人が なのかもしれませんけども

あの当時yo-kaさんの声でホライゾンとか聴くとヨーロッパの大聖堂で聴いてるような錯覚を起こしたもので

この人たちもっともっとすごい実力を持ってるはずなのになと

なんだか悔しい気持ちになりまして

その中で ENIGMAは歌い出しにゾッとする感じが未だあって素敵でした

これでさらにMASTERが聴ければ全てを総括してまるっと収めてくれて

満足して帰ることができる気がしたんですがMASTERやらなかった(笑)

断頭台から愛を込めて

ヘルグライドやシャングリラよりもこの曲が今現在のDIAURAを一番うまく表現できる曲のような気もします

真意とは逆を行くかのごとく哀しげなイントロで

メジャーマイナーと繰り返す曲調は迷いの中で全霊を尽くすように感じられ

切なくて素敵でした

この曲を歌い終えると両端から幕が閉まっていくという演出も新鮮で良かったんですが

できればアンコールをやってくれて最後にMASTERを聴きたかったなという若干の不完全燃焼感が残りました

とはいえイベント自体は楽しかったし

DIAURAも楽しかったんですけれども

【Setlist】

FINALE

シャングリラ

FAKE[s]

REM

胎動

ENIGMA

嘘とワルツを

ヘルグライド×2

is DEAD

GARDEN

断頭台から愛を込めて

(アンコールなし)

※ セトリのわからない曲はこちらのアカウントから抜かせて頂きました

最後に新宿BLAZEについてムカついた件書きます

なんだかんだ文句垂れながらもイベント自体はとても楽しく満足したのですが

ドリンクカウンターのお姉さん達 基本的に感じ悪くはないんですけれど

過去に接客業で人材育成をしていたせいか

給料もらって客対応をするのが商売の人に対しての”態度”に厳しいんですよね多分

以前にも書きましたが

中国の市場なんか行ったらこのぐらいが普通(笑)

なので私のわがままだとは思いますけれど

終演後の混雑でゴミ箱が見えない及びゴミ箱まで辿り着けない件(笑)

ご理解頂きたい

 今の時代自分含めて本当下手なことできないよね

こうやってブログでも書かれたらたまんない 笑

以上行く前の誤ツイが現実化した話でした

次回は来週末?ヴァージュが出るイベントがあった気がしますので

行かれればそれに行こうかなって感じです

See you next gig.

ゴミはゴミ箱へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。