SPEED DISK PRESENTS~森羅万象tour’19 in December#1 @大阪RUIDO

Pocket

遠征中の中日 14日は森羅万象を見てきました

12/14(SAT)

f:id:SOLITUDE:20191215105622j:image

f:id:SOLITUDE:20191215105630j:image

(Cast) ヴァージュ/REIGN

(Guest) アクメ/アルケミ/ZON/NEVERLAND

女子トイレを出てそのまま男子トイレに入るほどの方向音痴な私にとって

慣れない土地で初めての場所(大阪のライカ)から初めての箱に向かうというのは

かなりレベルの高いミッションでして

Googleマップに案内してもらっていながら案の定駅からの進行方向を誤り開演に遅刻してしまいました

トッパーがアクメだった(泣)ために最初の1曲?聴けてないかもしれない

アクメ

acme-official.com

私が入った時にはゴールデンタイム演奏中でした

放課後の飼育はワンマンの時と同じくCHISAさんのアカペラから入った記憶がありますが

個人的には

甘く甲高い声を出すとしか思えない顔立ちをしていながら

若干ハスキーな太い声で歌うというギャップに魅力を感じています

WONDERFUL WORLD

こっちのタイプの曲は音源より格段にリズム隊が良いので是非生を観て頂きたい

特にドラムはがっしりと構えて力強いのにうるさくなく

内臓にきて具合悪くなるような音ではないのが不思議

視覚的なかっこよさも相まって生音で聴くラウド乗りの曲は

他の近しいバンドとは大きく差があるように思います

会場のジャンプに混じると一体感が超気持ちいいので一緒に飛んでみることをお勧めします

モノノケレクイエムが聴けなかったんでまた近々イベント探して遊びに行きます

公式からセトリが落ちてないようですが

ゴールデンタイムの後はたぶん

Replay

放課後の飼育

WONDERFUL WORLD

途中でおっちゃん(というキャラ)登場時に流れるBGMらしき音が聞こえてきたので

また会えるのかと思いました

当分大丈夫です 笑

ZON

planet-child.jp

結構前になりますが気になってますっていう記事書いたかなぁ

気になってた時があったんですけど 生を見たことがなく

ボーカルの方が職場によく来るDHLのお兄さんに似てるんですが(すごくどうでもいい情報)ヤンチャなお顔立ち

ガイコツマイクを使って歌うようです

dress&tie モッシュ曲だった気がするんだけど

ライブ中に客を整列させたりボーカルさんが差し出す人差し指に集合させたりという

体感型の曲でした その説明が面白いのか面白くないのかわからなくて面白かったです

知ってるZON曲の中で一番好きなMIMIC 生演奏イントロからかっこよかった

こうゆう曲のサビの一体感が大好きなので

アクメとツーマンツアーでもして東名阪回ってほしいです

monkey clapはどこから持ってきたのかボーカルの方が凄くナチュラルにバナナを持ってました いつから持ってたのかわからないくらい自然でした

ドラムの方が曲中変なタイミングで水分補給をするなと思えば

サビでみんなの手が挙がると同時に口から吹き上げるというパフォーマンス

これが他の曲でも時々見られました

一曲目だったjellyfish此処からも覚えやすくてかっこいい

高音もしっかり声が出るし声量もあるのでどの曲を聴いてもライブは楽しめそうです

バンド的なリード曲は何なんでしょうか

他にお勧め曲あれば教えてください

また機会があれば是非

 ヴァ―ジュ

virge-web.com

ZEAL LINKがなくなってから全国流通していない音源を買うのがやや面倒になり

新譜を購入できないまま

少々久々なヴァ―ジュです

曲がわからなくなっている上に入る位置をミスって動かざるを得なくなり

全然ステージを見ていませんので

書けることがないんですが

憂璃さんのベースの音がよく聴こえて そしてとても良い音だということに気付けた日になりました

-ガラシャ- は初めて中に入ってのサビでした

年寄りには可愛い動き過ぎて笑顔になるしかなかったわけですが

あのぴょんぴょんは皆さん笑顔でやっているんですかね

だとしたら相当なヴァ―ジュ村ですね

ステージから観たら洗脳が上手くいったと村長もさぞ満足のことでしょう

Vanishでようやっと普通にステージを見ましたけれども

初見含めて6バンドいましたがやっぱり歌唱力と声質はこの人が一番目立ちます

大きなステージで歌うための声だなと改めて思いました

お人形遊びをしようって言われたらしますしますええもちろんとなりまして

笑顔で手扇子をする自分がいたんですが

思い切って洗脳されるとこうゆう気分なんですね ←

”私のお人形になって”のところの振りがわけわかりませんでした

自分を失わないよう後ろで腕組みしている時とはまた違った見え方でしたので

とても新鮮でした

せっかくのチャンスなので物販で新譜を買いました

遠征から帰ってからバタバタしていてまだ取り込めていませんが

これを聴いてまたライブに挑みたいと思います

 【Setlist】

f:id:SOLITUDE:20191215105650j:image

REIGN

reign-official.com

ベース弦多くない?

バグサミの時に体力の限界で諦めたので今日の対バンにいてくれて嬉し

ここはボーカルさんの煽り方(誘い方w)が上手いのでそれを中心にお伝えしたいです 笑

最初に観たのはDOAKの解散主催の時だったと思うので3年くらい前でしょうか

あの時は和春さんがDOAKでドラムを叩いていたので

なんだか不思議な感じ

この方のドラムはプレイスタイル含めとても魅力的です

V系らしからぬ短髪に黒いタンクトップ姿で全身を使いプレイされていましたが

ボーカルの声が負けるかと思いきやそうゆうわけでもなかった

個人的な印象だとボーカルのメロディーラインが覚えにくく

曲の記憶が残らないので特に聴こうと思わないというだけで

ライブ自体はかっこいい 和春さんが加わって更にかっこよくなったと思います

近年はLIPHLICHみたいな曲調の曲が増えたような気がしているんですが

声も嫌いじゃないです

ここのボーカルさん 客席にいる個人を差し煽るという

私が大嫌いな THEドマイナーの煽りをしてくる人ではあるのですが

この方だけは嫌じゃない 笑

目を合わせて確実に俺を差してるんですけど

持ち前の色気のおかげかw

それが攻撃的じゃなく全然ガツガツしていないので

聞こえてくる言葉としては (宜しければご一緒にいかが?) です 笑

社交ダンスで跪きそっと手を差し伸べられるような感覚と言えば伝わるでしょうか

だから知らなくても拳ぐらいは上げてしまうのですが

そうしたときの反応も「よし」ではなく(そうそうありがとう♪)って感じで緩く頷いてくれるので

やっぱり出てるエネルギーが違うんだと思います

曲に興味がなくてもそうゆうところから聴いてみようかなと思うことはありますので

パフォーマンスをするに当たってのバンド側のスタンスは本当に大事だなと思います

次に対バンが当たる時には曲を覚えていたいと思いました

NEVERLAND

planet-child.jp

初見なんですが曲は嫌いじゃない気がしてたので見たかったんですよ

ギターの音がちょっと変わっていますね

ドラムの方は終始笑顔でとてもかわいい方でした(サポートさんのようです)

小柄で若干挙動不信感のあるボーカルの方は白いシャツに蝶ネクタイ+手袋という

これも一定層を刺激するスタイルだなと思うんですが

個人的には視覚的にも好きなタイプの世界観でした

この規模のバンドの大半に言えると思うんですけど

ボーカルの声量が楽器隊と同期の音量に見合っていなく

初めて聞くと曲がわからないことが多いんですよね

私の耳がつんぼなのかもしれないけど(笑)

最近は特にもう少し大きなバンドを見ることが多いのでそこだけはっきりと感じるんですけど

あの人達がこのサイズの箱で演奏するイベントに当選したりすると

ボーカルは確実にはっきり聞き取れるんで

曲が良いところは声量の無さが勿体ないというか

MV観るに歌が下手なわけでもないと思うんですけれど

生だとよく聴こえない(泣)

セトリが投下されていないようなので何が演奏されたのかわかりませんが

帰って来てから少し漁ってみたところ

やっぱり曲は聴きやすいと思います

アルケミ

crowmusic.jp

前回見たのはAREAでした

そして後半に向けて箱の空調がAREA並みに寒くなってきました

ベースの方がどうもユアナさんと被ってしまってついつい目が行ってしまいます

こうゆうの何系というんでしょうか 寺系・・?w

きれいな和尚が4人(4?) ボーカルの方は裸足でしょうか(怪我にお気をつけください)

般若心経のような一定の音程を保った音が入ってる曲に合わせて

ヘドバンするという光景はなかなか斬新で面白い世界観

ってあのAREAからずっと思ってます

ですが先述の通りボーカルの主旋律が聞き取れなくて覚えられず

2回目見ても覚えている曲がありませんでしたので

曲の話ができませんけれど

ドラムの方は化粧映えのするお顔立ちなんでしょうか

こんな人いたかなとw思うほど際立つビジュアルをされていまして

ドレットなのかな?と思ってツイッターを調べたらブレイズのようですね

黒髪で眉毛なくて唇黒いという

ドラムを叩きながら口元をほころばせ

目だけはフロアを睨み付けるという独特の表情が若き日の鳥肌実氏を思い出させる骨格でしたw

ボーカルの方も女子より美しいという記憶ですし

視覚的にも音的にもかっこいいとは思いますので

生き残りそして勝ち抜いていってほしいなと思います

********************

4日も前のことになるのでこのツアー最終日も終わってますしw

忘れていることも多いですが

お読みいただきありがとうございました

次回のヴァ―ジュは年明けになりますが1月中どれかに参戦予定です

アクメも5月の前にもう一回見たいなぁと思ってます

では

See you next gigノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。